心の病から脱却に向けての

「心の病療法」と「心のお話」

心の病研修室  

​当 研修室 愛 では 

心、精神 が原因していると思われる

「心身不調、心の病」に対応しています。

なぜ心身不調や心の病に?

解決されない悩みからくる不安や心配事,緊張,不眠 の連続で これまでに経験したことのない心身不調(極度の不安恐怖心、過呼吸、しびれ、やる気が起きない、引きこもり等)に襲われることがあります。

 

そして「外に出るのが恐い、人目が恐い、身体がどうにかなってしまうのでは?・・」等で 学校や会社に行けなくなった、家事育児ができなくなった・・など 日常生活に悩み苦しむことがあります。

精神科を受診するとうつ、パニック障害、双極性障害、不安障害、適応障害、強迫性障害 診断で 薬を処方され服用し続けても改善が見られず、 副作用,後遺症と疑われる新たな症状でさらに悪化しているかの悪循環に陥っていく現実も。


 

「心身不調や心の病」とは、 生い立ちや 今日までにその人なりに綴り上げてきた 負の人生ストーリー(心のあり方、考え方、捉え方)の結果であり、それらが 社会(周囲)に溶け込めず、迷い 混乱している状態にあります。 そこには、それに至るまでの様々な原因が潜在しているのです。

 

当院では、「心の病療法」で 心、精神、身体 の調和を安定させ、「なぜ心の病に苦しむのか?」について「心のお話」に学んで頂いております。

P1030165.JPG

「心の病療法」と「心のお話」とは?

  • 解決されない悩みが山積され、常に負の雑念で頭の働きが止まず、思考力判断力が低下し麻痺した脳,神経系を回復させ、

  • 不眠、倦怠感、喉や胸の不快感、胃もたれ、頻尿​、下痢便秘、生理不順等 身体不調を改善し​、不安,緊張,恐怖心 から快復に向かわせる「心の病療法」と、

 

  • 当院独自の『心のお話』に学び これまでの自分を振り返り、「なぜ 心の病に苦しむのか? コミュニケーションが上手く取れないのか?」等 病に至った原因を見い出し、社会に溶け込む基礎知識を身に付け、 「心の姿勢」を改めていくことを目的としています。(可能であればご家族の方も一緒に学んで頂くことを希望します。)

※ 詳しい内容は 「相談」時に直接 施療現場を見て頂きご説明しています。

※ 他にも当院独自の療法で、専門機関で改善されない顔面神経麻痺や ぎっくり腰、四十五十肩も改善されています。 ​どうぞご相談ください。

まずは相談から

 

  • 完全予約制となっています。 まずはお電話にて相談日時をご予約ください。(046-240-7703仮)

  • 同じ症状名,病名でも「心の病の原因」は千差万別なので、じっくり時間の中で相談に応じています。​ 

  • マンツーマンでの相談やご家族同席での相談を受け付けています。

  • ​薬を服用している方は、これまでに服用してこられた薬の処方箋もしくはお薬手帳をお持ちください。

  • 相談後に施術を受けることも可能です。

 

※ 栄養サプリやハーブ、健康器具等の販売は一切ありません。​

相談料金

90分まで  ¥6,000-(税込み)  延長の場合、30分   ¥3,000-(税込み)の超過料金が発生します。

施療費は別料金となります。

他に類のない療法ですので、お越し頂いて施療現場をご覧の後、施療内容、行程、料金等について詳しく説明しご理解頂いております。

院内に施療内容、料金等が表示してあります。

​★当院は保険適用外です。

これまでに携わってきた「心の病療法」の例

  • 「パニック障害」で12種類もの精神薬等を服用していた40代女性は、薬の副作用で 顔の表情が乏しく、会話も出来ず、身体が硬直していました。​「心の病療法」を繰り返し 薬を必要としなくなり、少しずつ表情も明るくなり、他の患者さんやスタッフとの会話が出来るようになり卒業されました。

 

  • 「パニック障害」と診断され精神薬等を服用していた30代男性は、不眠,恐怖,家庭内暴力暴言等で「心の病療法」を繰り返し、恐怖心でこわばっていた表情が柔らかくなり、杖を使って歩いていたのが「2万ぽ歩きました!」と嬉しそうに語ってくださり、就職活動をし卒業されました。

 

  • 仕事中に倒れ「双極性障害」と診断された30代男性は、10種類ほどの精神薬等を使い分け服用していたが、仕事を休んだり復帰したりを繰り返していた。 「心の病療法」で薬を必要としなくなり不眠も解消され、「心のお話」で これまでの人生を振り返り 病に至った原因を理解し「心の姿勢」を改め、復職し卒業されました。・・等々

開院に至った経緯

 

一人目の子供が2歳になる前、心身不調で家事育児や車の運転、外に出ることさえ出来なくなりました。

 

精神科の薬物処方やカウンセリング、気功、整体等試しても状況は変わらず八方ふさがりになっている時、「薬に頼らない心の病専門療院」を知り、半信半疑で尋ねました。

 

施術を重ねることで自身の心身不調が改善され、薬も飲まなくなり家事育児や車の運転もこなせるようになりました。 

 

その体験から「心の病療法」に興味を持ち,治療スタッフを目指し18年、心の病と精神薬に苦しむ人達に携わり学んできました。

 

心の病は、身体は健康に見えても 心,精神に不調和が生じると 心配,不安,緊張,恐怖に襲われ混乱し、学校や会社等 外に出られなくなり孤立していくことがあります。

 

そこに精神医療で「うつ病、パニック障害、双極性障害、不安障害」等 精神薬の服用は、一時的に症状を抑えても逆に副作用や後遺症で 脳,身体に大きな負担をかけ長期化し悪循環に陥っていく現実や、

 

家族が、病に苦しむ本人に様々な療法を試させても効果が見えず「なぜ薬で良くならないのか?なぜ病になったのか?どうすれば治るのか?」悩み続けてきた多くの光景を目の当たりにしてきました。
 

このような心の病、精神薬に苦しむ方々に、当院の『心の病療法』と なぜ心の病に迷い苦しんできたのか?『心のお話』で 「心,精神,心の病とは?」を学び、病に至った原因を理解し その苦しみから脱却させ、 社会に繰り出す基礎基盤を身に付けて頂きたい一心です。

 

これまでの「心の病療法」の実践、体験、経験を活かし、心の病で悩み苦しむ方の力になれたらと決心覚悟し「心の病研修室 愛」を立ち上げました。