• スピリチュアルヒーリング愛

双極性障害で仕事が出来なくなった30代男性の体験談。

最終更新: 5月25日

仕事中に会社で倒れ、総合病院の精神科を訪ね「双極性障害」と診断され 精神薬を多錠服用していました。 一時的に仕事を休んだりして快方に向かったように見えた時もありましたが働き始めると再び具合が悪くなったりを繰り返していました。

ある日、薬の処方待ちの最中に意識を失い倒れてしまい、MRIなど色々検査を受けてもどこも悪くないと言われた。 振り返ると一年四カ月が経っていました。

兄と母のすすめで、こちらスピリチュアルヒーリング愛を紹介され 「心と精神と身体」 に対する施療を受け、同時に「心の病」について学びました。 

これまでの人生を深く見つめ直し、どこが悪かったのか間違っていたのかを分析し、それを基に考え方を改めていきました。

学んでいくうちに悪い結果を考えたり、他人の視線や評価を気にしたり、優れた人間に見せようとしたり、また辛い事や困難な事からは逃れようとしていた自分に気づかされました。

また、どれだけ自分本位で生きてきたか、誤った方向にエネルギーを使い脳や身体を疲れさせていたのかでした。


通い始めて三ヶ月でまったく薬に頼らなくなり、施療と運動を重ねながら半年後少しずつ仕事に復帰し、実社会に身を置く中でこれまでの自分と現在の自分の違いをはっきりと実感してます。 

以前の自分は大した目標も持たず漠然と生きていて、今思えば霧の中を歩いているような感じでした。

でも今はどう進んでいくのかが明確なので、とてもすっきりとした晴れやかな気持ちで日々を送ることが出来ており、明るい世界に身をおいているような実感があります。

今は会社を復職し残業もこなし、会社の業務に関わる国家資格試験を受験予定で勉強中です。これからも前を向いて頑張っていこうと思います。本当にありがとうございました。

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

106 友達の家庭がうらやましかった。(当院の施療で改善快復された方のエピソード)

家族内の会話はほとんどなく話しの内容は他人の陰口悪口噂話くらい。 小さい頃からそんな家庭環境で、何か親に話をしても意味の分からない返答ばかりで結局一人で抱えるようになり、友達の家に遊びに行くと親と普通に会話しているのが羨ましかった。 いつも周りに敏感で情緒不安定が続き、20代後半にパニック発作を繰り返すようになりこちらを訪ねた。 「本当に治るのかな」「騙されてるのかな」と疑いが強かったが、とにかく

幻聴幻覚に振り回されて・・(体験談より抜粋)

・・・やがて幻聴や幻覚がエスカレートし、聴こえてくる声に従い行動させられる毎日が楽しくなっていた。 ある日の午後、 嵐のような幻聴の指示で携帯電話を川に捨て、​洋服と下着も全部脱ぎ全裸で東京の夜の街の川沿いを走り回ったり、駐車場の空いたスペースで踊ったり、大声で叫び 川に飛び込もうとしていた。 その姿に異常を感じた人達が私を取り押さえ、警察に通報してくれたおかげで家に帰ることが出来ました。 もし止

心の病の発信源は?

心の病、その多くは生い立ちでの誤った育ちや、成長の課程環境で綴り上げてきた 負の思念、潜在意識 が原因しているのです。 その潜在意識から繰り出される日常の言動やアクションが 周りとの調和がとれず、解決されない悩みが次から次へと昼夜頭を駆け巡り、不安,恐怖心に襲われ心の姿勢を乱しているのです。 ​ そうした生活リズムで 精神的影響を受け続けた脳は 神経を乱し、身体に様々な疾患を生み出しているのです。