• 心の病専門療院 スピリチュアルヒーリング愛

双極性障害で仕事が出来なくなった30代男性の体験談。

更新日:5月25日

仕事中に会社で倒れ、総合病院の精神科を訪ね「双極性障害」と診断され 精神薬を多錠服用していました。 一時的に仕事を休んだりして快方に向かったように見えた時もありましたが働き始めると再び具合が悪くなったりを繰り返していました。

ある日、薬の処方待ちの最中に意識を失い倒れてしまい、MRIなど色々検査を受けてもどこも悪くないと言われた。 振り返ると一年四カ月が経っていました。

兄と母のすすめで、こちらスピリチュアルヒーリング愛を紹介され 「心と精神と身体」 に対する施療を受け、同時に「心の病」について学びました。 

これまでの人生を深く見つめ直し、どこが悪かったのか間違っていたのかを分析し、それを基に考え方を改めていきました。

学んでいくうちに悪い結果を考えたり、他人の視線や評価を気にしたり、優れた人間に見せようとしたり、また辛い事や困難な事からは逃れようとしていた自分に気づかされました。

また、どれだけ自分本位で生きてきたか、誤った方向にエネルギーを使い脳や身体を疲れさせていたのかでした。


通い始めて三ヶ月でまったく薬に頼らなくなり、施療と運動を重ねながら半年後少しずつ仕事に復帰し、実社会に身を置く中でこれまでの自分と現在の自分の違いをはっきりと実感してます。 

以前の自分は大した目標も持たず漠然と生きていて、今思えば霧の中を歩いているような感じでした。

でも今はどう進んでいくのかが明確なので、とてもすっきりとした晴れやかな気持ちで日々を送ることが出来ており、明るい世界に身をおいているような実感があります。

今は会社を復職し残業もこなし、会社の業務に関わる国家資格試験を受験予定で勉強中です。これからも前を向いて頑張っていこうと思います。本当にありがとうございました。

8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

130「息子さんは一生薬を飲み続けないと治りませんよ」と宣告されて(当院の施療で改善快復された方のエピソード)

39才の息子は25才の頃、当時勤務していた会社の過酷な残業で心身不調に陥り、暴力的になり心療内科を受診し毎日薬を服用し気が付いた時には大量に摂取していました。 ​ 息子さんは「一生薬を飲み続けることになりますよ」と心療内科の先生に宣告され、そんな時スピリチュアルヒーリング愛を知り必死で息子に勧めました。 こちらでは「本気で治さないと同じ繰り返しです」と言われ、息子の治りたい気持ちも強く本格的に施療

129 なぜ「心のお話」が必須なのか?

私たちは過去の悩みやトラウマ等が未解決のまま、新たなる困難、不安、緊張、恐怖等に悩まされる日常ではないでしょうか? 「心の病」 とはその負の雑念等に脳が支配され 思考力,判断力 を失い感情が伴わなくなっているのです。 その原因や苦しみは 千差万別、人それぞれです。 ​ 不安、緊張、恐怖、心身不調 や 病 を生み出す 因果関係 を理解し 心、思考、意識 を改めない限り、次から次へと新たなる心身症状が

128 友人などから急に避けられるようになり憎しみ恨んでいた(当院の施療で改善快復された方のエピソード)

「不安障害」でした。いつも不安、緊張、恐怖心で外に出れず家に引きこもりました。 精神科で薬を処方されたが服む気にならず、「薬に頼らず心の病改善」とある「スピリチュアルヒーリング愛」を訪ねました。 対人関係がうまく出来ず職場の人や友人などから急に避けらているような冷たいような対応に「何が良くないのか?」といつも悩んでは相手を憎しみ恨んでいたのでした。 こちらの施療で不安恐怖、頭のフル稼働が軽減すると