• 心の病専門療院 スピリチュアルヒーリング愛

幻聴幻覚に振り回されて・・(体験談より抜粋)


・・・やがて幻聴や幻覚がエスカレートし、聴こえてくる声に従い行動させられる毎日が楽しくなっていた。


ある日の午後、


嵐のような幻聴の指示で携帯電話を川に捨て、​洋服と下着も全部脱ぎ全裸で東京の夜の街の川沿いを走り回ったり、駐車場の空いたスペースで踊ったり、大声で叫び 川に飛び込もうとしていた。


その姿に異常を感じた人達が私を取り押さえ、警察に通報してくれたおかげで家に帰ることが出来ました。 もし止めてもらわなかったら、命もなかったかもしれません。


警察の方が何度も父と母に「精神病院へ連れて行ったほうがいいですよ」と言ったそうです。しかし、「スピリチュアルヒーリング 愛」に連れてこられました。


最初の頃は施療を受けていても夢の中にいる感覚で自分の存在がどこにあるのかよく分からず、先生から「あなたの中では現実でもそれは幻想で、真実ではないのですよ・・」と何度も悟され徐々に意識が戻りました。 


こちらで「心のお話」に学び勉強したことで、今までの自分の中では当たり前だったことの価値のなさ、間違ったことをネット上で洗脳されていたな・・とか、たくさん反省し思うことがあります。


今は通えなかった高校へ復学し友達も出来、週3回のアルバイトをし将来に向けて毎日時間が足りないくらい頑張っています。


あの頃の自分とは人生観が変わり、夢と希望に満たされ充実した毎日を送っていることが信じられません。


※体験談「統合失調症(妄想、幻聴、幻覚、暴走)からの生還」より抜粋。


16回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

130「息子さんは一生薬を飲み続けないと治りませんよ」と宣告されて(当院の施療で改善快復された方のエピソード)

39才の息子は25才の頃、当時勤務していた会社の過酷な残業で心身不調に陥り、暴力的になり心療内科を受診し毎日薬を服用し気が付いた時には大量に摂取していました。 ​ 息子さんは「一生薬を飲み続けることになりますよ」と心療内科の先生に宣告され、そんな時スピリチュアルヒーリング愛を知り必死で息子に勧めました。 こちらでは「本気で治さないと同じ繰り返しです」と言われ、息子の治りたい気持ちも強く本格的に施療

129 なぜ「心のお話」が必須なのか?

私たちは過去の悩みやトラウマ等が未解決のまま、新たなる困難、不安、緊張、恐怖等に悩まされる日常ではないでしょうか? 「心の病」 とはその負の雑念等に脳が支配され 思考力,判断力 を失い感情が伴わなくなっているのです。 その原因や苦しみは 千差万別、人それぞれです。 ​ 不安、緊張、恐怖、心身不調 や 病 を生み出す 因果関係 を理解し 心、思考、意識 を改めない限り、次から次へと新たなる心身症状が

128 友人などから急に避けられるようになり憎しみ恨んでいた(当院の施療で改善快復された方のエピソード)

「不安障害」でした。いつも不安、緊張、恐怖心で外に出れず家に引きこもりました。 精神科で薬を処方されたが服む気にならず、「薬に頼らず心の病改善」とある「スピリチュアルヒーリング愛」を訪ねました。 対人関係がうまく出来ず職場の人や友人などから急に避けらているような冷たいような対応に「何が良くないのか?」といつも悩んでは相手を憎しみ恨んでいたのでした。 こちらの施療で不安恐怖、頭のフル稼働が軽減すると