• スピリチュアルヒーリング愛

心の病は「潜在意識」が発信源であり「脳」ではない

最終更新: 1月30日

心の病の根元の多くは、生い立ちや成長の課程で誤った育ち方や洗脳が固定観念となり、未知なる思い込みで今日まで綴り上げてきた負の潜在意識が原因しているのです。

​そして理解解決されない悩みや雑念の様々が昼夜 脳を駆け巡り、神経系を麻痺させ「精神」「思考」「意識」の調和を乱し、心が孤立し、精神的心身不調に悩まされ「心の病」を育てているのです。



「院長コメント」ページより抜粋。


「心の病の原因は脳が原因ではない」ページもご覧ください。

37回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

「精神医療の薬漬け」で将来のある1人の人生を破滅に追いやってはいないだろうか? 

当院を訪ねた方、27歳女性は 心の病で大学病院の精神科に入院していたが悪化の一途で、見かねた母親にこちらへ連れて来られた。 初めてこちらを訪れた時は一人で歩けず母親に抱えられ、よだれをたらし、無表情の状態で一日12種類32錠もの精神薬を服用中だった。 治ると期待して入院したはずが、このような結果に苦しむことになる精神医療とは何なのだろうか? 小さい頃から体調が悪くなれば医療機関を受診し薬を処方され

104 過去の自分と今の自分の変化に喜んでいます。(当院の施療で改善快復された方のエピソード)

昼夜逆転、恐怖、仕事に行けなくなり「統合失調症」後に「うつ病」と診断されていた。 施療と「心の勉強」で心身不調が改善され朝起きられるようになり、週3日のアルバイトから始め後に正社員で週5日の8時間勤務が出来るようになった。 今は新しい職場で頑張っていますが、自分が人から何かを言われるのは「自分に何かが足りないのでは?」と思えるようになりました。 以前は人のせいにし憎しみ恨んでいたので、心の姿勢に変

(103) 3年以上 家から出られなくなった女性のエピソード。(当院の施療で改善快復された方のエピソード)

以前は毎日1~2時間の睡眠で仕事の行けず家にいるしかなかったが、今は睡眠が6~7時間とれるようになった。 以前は恐怖で一人で留守番できなかったが、今は一日居れるようになった。 以前は寝たきりで何もできなかったが、一人で買い物に行けるようになり毎日家事や料理が出来るようになった。 体重が37キロまで落ちていたが、食べられるようになり45キロ前後まで増えた。 出来ないと思っていたアルバイトも週4~5日