• スピリチュアルヒーリング愛

「精神医療の薬漬け」で将来のある1人の人生を破滅に追いやってはいないだろうか? 

最終更新: 7月4日

当院を訪ねた方、27歳女性は

心の病で大学病院の精神科に入院していたが悪化の一途で、見かねた母親にこちらへ連れて来られた。


初めて訪れた時は一人で歩けず母親に抱えられ、よだれをたらし、無表情の状態で一日12種類32錠もの精神薬を服用中だった。


治ると期待して入院したはずが、このような結果に苦しむことになる精神医療とは何なのだろうか?


小さい頃から体調が悪くなれば医療機関を受診し薬を処方され服用することが当たり前の私達。 それと同じで「心の病」になれば(精神)医療にかかることが自然な流れだろうか?


最近問い合わせの電話で、20代前半の本人から「統合失調症」で精神薬を服んでいるが薬は良くないので、こちらをネットで探し電話しました、と・・。


助かりたい一心で行動に移したものの家族からは「スピリチュアルは止めときなさい!」

担当の医師にもそう言われたとのこと。


一人の若者の将来をその家族たちが「うつ病、パニック障害、統合失調症、双極性障害」などと診断され「医師が言っているのだから間違いない」と「精神医療の薬地獄」に追いやってしまう現実はあまりにも悲しすぎる。


薬に一切頼らず不安,恐怖などの心身不調や心の病が改善されている現実があることを知ってほしい。














4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

112 スピリチュアルって?でも何か始めなければと必死だった。(当院の施療で改善快復された方のエピソード)

心の病は薬を服めば治ると思っていた。 でも一向に良くならず薬を使わない療法を求め、こちらのホームページは何年も前から気になり目を通していました。 が「スピリチュアル・・?怪しい、騙されないかな?」とか考えながらも「とりあえず何か始めなければ、怪しかったらやめればいい」と思い切って施療を受けてみることにした。 今では精神薬と心の病から脱却し社会復帰が出来るまでになりました。 「疑い」ばかりで行動に移

111 だいぶ先の行事でも心配で疲れ切っていた(当院の施療で改善快復された方のエピソード)

「発達障害」?「うつ病」?と診断され薬を服用していました。 だいぶ先の行事、友人の結婚式に出席する、子供の授業参観、など人が集まる場所に行かなければならない予定があると、もうそのことで頭がいっぱいになり疲れ切っていた。 こちらの施療と心のお話に支えてもらい薬がいらなくなり、家事やアルバイトなど自分のやるべきことをこなしていくことで、少しずつ充実感達成感、喜びが沸き自信がついていきました。 過去の自

110 社会に溶け込めない原因に気づいた(当院の施療で改善快復された方のエピソード)

大学を卒業し社会人半年で会社を退職。以降 不眠、頭痛、胃の不快感、不安,緊張,恐怖など心身不調で精神薬や漢方を試すも悪化の一途で、3年以上寝たきり状態でした。 家族にこちらに連れて来られた時はホッとしたのか?涙が込み上げてきました。 施療と「心のお話」を繰り返し、今まで自分を振り返ると 幼いころから親の教えがすべて正しいと思い込んでいました。 何でも親任せ,人だよりが当たり前の日常で、自分の行動に