• 心の病専門療院 スピリチュアルヒーリング愛

111 だいぶ先の行事でも心配で疲れ切っていた(当院の施療で改善快復された方のエピソード)

「発達障害」?「うつ病」?と診断され薬を服用していました。

だいぶ先の行事、友人の結婚式に出席する、子供の授業参観、など人が集まる場所に行かなければならない予定があると、もうそのことで頭がいっぱいになり疲れ切っていた。


こちらの施療と心のお話に支えてもらい薬がいらなくなり、家事やアルバイトなど自分のやるべきことをこなしていくことで、少しずつ充実感達成感、喜びが沸き自信がついていきました。


過去の自分を振り返り、人への苦手意識は多少あるものの自信がついてきたことで、心配,不安,取り越し苦労が減り、だいぶ先の予定が出来ても落ち着いている自分に安心しています。




15回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

130「息子さんは一生薬を飲み続けないと治りませんよ」と宣告されて(当院の施療で改善快復された方のエピソード)

39才の息子は25才の頃、当時勤務していた会社の過酷な残業で心身不調に陥り、暴力的になり心療内科を受診し毎日薬を服用し気が付いた時には大量に摂取していました。 ​ 息子さんは「一生薬を飲み続けることになりますよ」と心療内科の先生に宣告され、そんな時スピリチュアルヒーリング愛を知り必死で息子に勧めました。 こちらでは「本気で治さないと同じ繰り返しです」と言われ、息子の治りたい気持ちも強く本格的に施療

129 なぜ「心のお話」が必須なのか?

私たちは過去の悩みやトラウマ等が未解決のまま、新たなる困難、不安、緊張、恐怖等に悩まされる日常ではないでしょうか? 「心の病」 とはその負の雑念等に脳が支配され 思考力,判断力 を失い感情が伴わなくなっているのです。 その原因や苦しみは 千差万別、人それぞれです。 ​ 不安、緊張、恐怖、心身不調 や 病 を生み出す 因果関係 を理解し 心、思考、意識 を改めない限り、次から次へと新たなる心身症状が

128 友人などから急に避けられるようになり憎しみ恨んでいた(当院の施療で改善快復された方のエピソード)

「不安障害」でした。いつも不安、緊張、恐怖心で外に出れず家に引きこもりました。 精神科で薬を処方されたが服む気にならず、「薬に頼らず心の病改善」とある「スピリチュアルヒーリング愛」を訪ねました。 対人関係がうまく出来ず職場の人や友人などから急に避けらているような冷たいような対応に「何が良くないのか?」といつも悩んでは相手を憎しみ恨んでいたのでした。 こちらの施療で不安恐怖、頭のフル稼働が軽減すると