• スピリチュアルヒーリング愛

77「心の病」どん底の日々からの脱出劇。(当院の療法で卒業された方の両親のエピソードを連載します。) ”その 3”

(”その1”からご覧ください)

その時の電話でどれだけ救われたか・・・。予約を2日後入れたものの、周囲から「入院させた方が良い」と言われ心がゆらぎ、それまでほとんど飲まず、食わず、眠れず生きた心地がしませんでした。


でも「スピリチュアルヒーリング愛に行けばなんとかなるかもしれない」という思いが心の支えとなりました。


栃木県から無事辿り着き、村山先生や女性スタッフのにじみでるような優しさと力強い言葉に救われました。


良くなっていく過程で症状が上向きになったり下向きになったり繰り返しながらも「必ず良くなっていく!」と言ってくださいました。


施療を受け毎日様子が変化する娘を目の前に一喜一憂することもありましたが、その言葉が支えでした。


そして何よりも「なぜ心の病になったのか?」娘と一緒に勉強させていただいた「心のお話」は最初からそして今でもずっと心の支えとなり、将来のためになると思っています。


とにかく先生のおっしゃることを守って生活するようにしました。 そして何時でも先生に相談できる安心感。 何度でも質問に答え温かく見守っておだやかに対応して・・・(つづく)

30回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

112 スピリチュアルって?でも何か始めなければと必死だった。(当院の施療で改善快復された方のエピソード)

心の病は薬を服めば治ると思っていた。 でも一向に良くならず薬を使わない療法を求め、こちらのホームページは何年も前から気になり目を通していました。 が「スピリチュアル・・?怪しい、騙されないかな?」とか考えながらも「とりあえず何か始めなければ、怪しかったらやめればいい」と思い切って施療を受けてみることにした。 今では精神薬と心の病から脱却し社会復帰が出来るまでになりました。 「疑い」ばかりで行動に移

111 だいぶ先の行事でも心配で疲れ切っていた(当院の施療で改善快復された方のエピソード)

「発達障害」?「うつ病」?と診断され薬を服用していました。 だいぶ先の行事、友人の結婚式に出席する、子供の授業参観、など人が集まる場所に行かなければならない予定があると、もうそのことで頭がいっぱいになり疲れ切っていた。 こちらの施療と心のお話に支えてもらい薬がいらなくなり、家事やアルバイトなど自分のやるべきことをこなしていくことで、少しずつ充実感達成感、喜びが沸き自信がついていきました。 過去の自

110 社会に溶け込めない原因に気づいた(当院の施療で改善快復された方のエピソード)

大学を卒業し社会人半年で会社を退職。以降 不眠、頭痛、胃の不快感、不安,緊張,恐怖など心身不調で精神薬や漢方を試すも悪化の一途で、3年以上寝たきり状態でした。 家族にこちらに連れて来られた時はホッとしたのか?涙が込み上げてきました。 施療と「心のお話」を繰り返し、今まで自分を振り返ると 幼いころから親の教えがすべて正しいと思い込んでいました。 何でも親任せ,人だよりが当たり前の日常で、自分の行動に