• 心の病専門療院 スピリチュアルヒーリング愛

77「心の病」どん底の日々からの脱出劇。(当院の療法で卒業された方の両親のエピソードを連載します。) ”その 3”

(”その1”からご覧ください)

その時の電話でどれだけ救われたか・・・。予約を2日後入れたものの、周囲から「入院させた方が良い」と言われ心がゆらぎ、それまでほとんど飲まず、食わず、眠れず生きた心地がしませんでした。


でも「スピリチュアルヒーリング愛に行けばなんとかなるかもしれない」という思いが心の支えとなりました。


栃木県から無事辿り着き、村山先生や女性スタッフのにじみでるような優しさと力強い言葉に救われました。


良くなっていく過程で症状が上向きになったり下向きになったり繰り返しながらも「必ず良くなっていく!」と言ってくださいました。


施療を受け毎日様子が変化する娘を目の前に一喜一憂することもありましたが、その言葉が支えでした。


そして何よりも「なぜ心の病になったのか?」娘と一緒に勉強させていただいた「心のお話」は最初からそして今でもずっと心の支えとなり、将来のためになると思っています。


とにかく先生のおっしゃることを守って生活するようにしました。 そして何時でも先生に相談できる安心感。 何度でも質問に答え温かく見守っておだやかに対応して・・・(つづく)

閲覧数:30回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パニック障害と診断され精神薬を服用するも仕事が出来なくなった30代女性。 常に緊張,恐怖で 御飯が食べれない、買い物ができない、風呂に入れない等の日常生活が送れなくなり、見かねた姉妹が当院を探し当て訪ねたのでした。 妹さんは言います。 薬は良くないと感じていました。 精神の病で精神薬を2年以上服用している姉を見て何とかしてあげたかった。 薬を服んでも仕事が出来なかった姉が、こちらの施療で薬を断ち

三年前の買い物中、突然 動悸,息苦しさ,目のチカチカに襲われ救急車に運ばれました。 精神科で薬を処方され最初のころは効果があり「これで治る」と思っていたが、だんだん症状が悪化し、薬が増えても不安感が増していきました。 友達と会うことや仕事も続けられず、一人での行動や車の運転もできなくなり、今まで当たり前に出来ていたことが出来なくなっていきました。 「これから自分はどうなってしまうんだろう・・」と不

心の病の発信源は生い立ちから今日までに綴り上げてきた潜在意識(精神)にあるのであり、肉体の脳に原因があるのではないことを理解することが大切です。(知的障害でない限り) ​ なぜなら、あなたは高校や専門学校、大学卒業証書を手にしては? もし脳に障害があったのならそれは叶わなかったでしょう。 ​ 誤った意識思念が周りと噛み合わないことに迷い悩む連日で、心身を乱しているのです。 ​ そして不眠、緊張等か