• スピリチュアルヒーリング愛

77「心の病」どん底の日々からの脱出劇。(当院の療法で卒業された方の両親のエピソードを連載します。) ”その 3”

(”その1”からご覧ください)

その時の電話でどれだけ救われたか・・・。予約を2日後入れたものの、周囲から「入院させた方が良い」と言われ心がゆらぎ、それまでほとんど飲まず、食わず、眠れず生きた心地がしませんでした。


でも「スピリチュアルヒーリング愛に行けばなんとかなるかもしれない」という思いが心の支えとなりました。


栃木県から無事辿り着き、村山先生や女性スタッフのにじみでるような優しさと力強い言葉に救われました。


良くなっていく過程で症状が上向きになったり下向きになったり繰り返しながらも「必ず良くなっていく!」と言ってくださいました。


施療を受け毎日様子が変化する娘を目の前に一喜一憂することもありましたが、その言葉が支えでした。


そして何よりも「なぜ心の病になったのか?」娘と一緒に勉強させていただいた「心のお話」は最初からそして今でもずっと心の支えとなり、将来のためになると思っています。


とにかく先生のおっしゃることを守って生活するようにしました。 そして何時でも先生に相談できる安心感。 何度でも質問に答え温かく見守っておだやかに対応して・・・(つづく)

30回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

102 雑念でいっぱいだった(当院の施療で改善快復された方のエピソード)

こちらに来て初めの頃は先生の話をどこか他人事に聞いていたし冗談言っているように聞こえていた。今思えば雑念でいっぱいだった。 施療と「心のお話」を繰り返し頭がクリアになっていくと、なぜ病に苦しんでいるのか?を話してくれていたことに気付くことが出来ました。

101 人の悪口を言うことの喜びに浸っていた(当院の施療で改善快復された方のエピソード)

小学校高学年頃からいつも周りに敏感で恐怖緊張感が続き、20代後半にパニック発作を繰り返すようになり、こちらを訪ねた。 心のお話を学び、他人のうわさ話,悪口を言うことでその場限りの優越感に浸っていた自分。 心のどこかで罪の意識を感じていたと思うが頭で正当化し、いつまでも自分を正そうとしなかった。 それが自らを苦しめていたことに気づけました。

100 「今日こそ死ぬんじゃないか?」と毎日恐怖だった(当院の施療で改善快復された方のエピソード)

大学を卒業し会社に就職したがパニック障害で退職した。 その後は薬を服みながら家に引きこもり頭痛や胃の不快感、一日1~2時間の不眠症と生理も止まり食事も取れなくなって「今日こそ死ぬんじゃないか?」と毎日不安恐怖で3年が過ぎていました。 家族にこちらに連れてこられ施療と「心のお話」で、どうすれば不安恐怖から解放されるのかを学びました。 心の姿勢を正し調整しながらアルバイトを週3日から始め、今では週5日

施療行程での「心のお話」とは?

精神薬による避妊解消

神奈川県 座間、綾瀬、厚木、伊勢原、寒川、茅ヶ崎、平塚、藤沢、大和、相模原、秦野、清川村、愛川町、大磯、二宮、小田原、横浜、川崎、鎌倉、三浦、八王子、町田、東京都内、他県外からもおいでになります。 お気軽にご相談ください。

​心の病専門療院

スピリチュアルヒーリング 

​〒243-0425 神奈川県海老名市中野3-27-1 1F 

​相模線 門沢橋駅徒歩10分

定休日 月曜のみ

​完全予約制

受付時間 9:00~18:30

046-240-7703

COPYRIGHT© 心の病専門療院 愛 ALL RIIGHT RESERVED