• 心の病専門療院 スピリチュアルヒーリング愛

77「心の病」どん底の日々からの脱出劇。(当院の療法で卒業された方の両親のエピソードを連載します。) ”その 5”

更新日:2020年8月29日

(”その1”からご覧ください)

村山先生に出会うことが出来て、有難くて嬉しくて必死に勉強しました。

娘の施療をして下さるだけで有難いのに私まで勉強させていただき、親子で学ぶことで共通の話題で盛り上がったり、語り合ったり、疑問に思うことを話し合ったりできるようになりました。


また、分からないことを分かるまで何度もていねいに教えてくださる先生の姿に、自分がいかに気の短い人間か・・忍耐のなさに情けなくなったりもしました。


自分の反省すべき点「気づいた時が吉日」、気を付けて直していこうという前向きな気持ちになることもできました。

学んでいくにつれ心の中がスッキリしていき、娘と心から笑える日が増えていきました。


そして大きな反省すべき点は、私は「娘への」愛情のかけ方を間違えていました。

何でも願いを叶え守ってあげる事が愛情だと思っていました。

娘は幼少から不安で、人とどう関わればよいか分からずずっと苦しんできたのでした。


先生は最初から見抜いておられました。 私は自分がしてしまった事の重大さに気づき、申し訳なくとても苦しい気持ちになりました。


これからは自分の言動は間違っていないか判断し「心のお話」に学んだことを基礎基本に実践していこうと思っています。 今、娘は・・・つづく



20回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

130「息子さんは一生薬を飲み続けないと治りませんよ」と宣告されて(当院の施療で改善快復された方のエピソード)

39才の息子は25才の頃、当時勤務していた会社の過酷な残業で心身不調に陥り、暴力的になり心療内科を受診し毎日薬を服用し気が付いた時には大量に摂取していました。 ​ 息子さんは「一生薬を飲み続けることになりますよ」と心療内科の先生に宣告され、そんな時スピリチュアルヒーリング愛を知り必死で息子に勧めました。 こちらでは「本気で治さないと同じ繰り返しです」と言われ、息子の治りたい気持ちも強く本格的に施療

129 なぜ「心のお話」が必須なのか?

私たちは過去の悩みやトラウマ等が未解決のまま、新たなる困難、不安、緊張、恐怖等に悩まされる日常ではないでしょうか? 「心の病」 とはその負の雑念等に脳が支配され 思考力,判断力 を失い感情が伴わなくなっているのです。 その原因や苦しみは 千差万別、人それぞれです。 ​ 不安、緊張、恐怖、心身不調 や 病 を生み出す 因果関係 を理解し 心、思考、意識 を改めない限り、次から次へと新たなる心身症状が

128 友人などから急に避けられるようになり憎しみ恨んでいた(当院の施療で改善快復された方のエピソード)

「不安障害」でした。いつも不安、緊張、恐怖心で外に出れず家に引きこもりました。 精神科で薬を処方されたが服む気にならず、「薬に頼らず心の病改善」とある「スピリチュアルヒーリング愛」を訪ねました。 対人関係がうまく出来ず職場の人や友人などから急に避けらているような冷たいような対応に「何が良くないのか?」といつも悩んでは相手を憎しみ恨んでいたのでした。 こちらの施療で不安恐怖、頭のフル稼働が軽減すると