• 心の病専門療院 スピリチュアルヒーリング愛

77「心の病」どん底の日々からの脱出劇。(当院の療法で卒業された方の両親のエピソードを連載します。) ”その 5”

更新日:2020年8月29日

(”その1”からご覧ください)

村山先生に出会うことが出来て、有難くて嬉しくて必死に勉強しました。

娘の施療をして下さるだけで有難いのに私まで勉強させていただき、親子で学ぶことで共通の話題で盛り上がったり、語り合ったり、疑問に思うことを話し合ったりできるようになりました。


また、分からないことを分かるまで何度もていねいに教えてくださる先生の姿に、自分がいかに気の短い人間か・・忍耐のなさに情けなくなったりもしました。


自分の反省すべき点「気づいた時が吉日」、気を付けて直していこうという前向きな気持ちになることもできました。

学んでいくにつれ心の中がスッキリしていき、娘と心から笑える日が増えていきました。


そして大きな反省すべき点は、私は「娘への」愛情のかけ方を間違えていました。

何でも願いを叶え守ってあげる事が愛情だと思っていました。

娘は幼少から不安で、人とどう関わればよいか分からずずっと苦しんできたのでした。


先生は最初から見抜いておられました。 私は自分がしてしまった事の重大さに気づき、申し訳なくとても苦しい気持ちになりました。


これからは自分の言動は間違っていないか判断し「心のお話」に学んだことを基礎基本に実践していこうと思っています。 今、娘は・・・つづく



閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パニック障害と診断され精神薬を服用するも仕事が出来なくなった30代女性。 常に緊張,恐怖で 御飯が食べれない、買い物ができない、風呂に入れない等の日常生活が送れなくなり、見かねた姉妹が当院を探し当て訪ねたのでした。 妹さんは言います。 薬は良くないと感じていました。 精神の病で精神薬を2年以上服用している姉を見て何とかしてあげたかった。 薬を服んでも仕事が出来なかった姉が、こちらの施療で薬を断ち

三年前の買い物中、突然 動悸,息苦しさ,目のチカチカに襲われ救急車に運ばれました。 精神科で薬を処方され最初のころは効果があり「これで治る」と思っていたが、だんだん症状が悪化し、薬が増えても不安感が増していきました。 友達と会うことや仕事も続けられず、一人での行動や車の運転もできなくなり、今まで当たり前に出来ていたことが出来なくなっていきました。 「これから自分はどうなってしまうんだろう・・」と不

心の病の発信源は生い立ちから今日までに綴り上げてきた潜在意識(精神)にあるのであり、肉体の脳に原因があるのではないことを理解することが大切です。(知的障害でない限り) ​ なぜなら、あなたは高校や専門学校、大学卒業証書を手にしては? もし脳に障害があったのならそれは叶わなかったでしょう。 ​ 誤った意識思念が周りと噛み合わないことに迷い悩む連日で、心身を乱しているのです。 ​ そして不眠、緊張等か