DSC_0142.JPG

心の病から卒業には「心のお話」

心の病とは 未知なる悩み迷い等が未解決のまま、新たなる困難が巡りくる雑念,不安,恐怖等に脳が支配され、

生命エネルギーを浪費し 思考,判断力,感情,心,精神の調和を乱しているのです。

 

診断された症状名や病名は 同じでも、心の病に至った原因は各人各様,千差万別です。

その苦しみから脱却するには 当院独自の「心のお話」に学び、病を生み出す因果関係を理解し 心の姿勢 を改めない限り、次から次へと押し寄せる新たなる悩み,不安,緊張,恐怖の念が顔を覗かせ また病に陥ります。

薬物治療を受けても、減薬断薬を試みても、また休職や復職を繰り返しても改善されず薬地獄に苦しむのはそのためです。

精神薬で治らない、または悪化の一途に苦しむのは?

「心と精神」「脳と身体」「精神医療と薬害」その本質に学ぶ必要があるのです。

 

心の病の根源である 心,精神,潜在意識 は非物質で目に見えず、耳にも聞こえず、色も味もなく、MRIやCT等機器にも映らないため、精神医療では「精神薬」という「モノ」を処方する以外に術を持たないのです

 

しかしその「モノ」が 人の 心の姿勢、思考、精神、潜在意識 を改め正すことは得ない。

P1030198.JPG

その苦しみから脱却するには

生い立ちや、成長の過程で今日まで綴り上げてきた負の思念、その一つ一つを改めることから始めなくてはなりません。

精神性心身不調や心の病からの完全脱却には、「心の姿勢」と「潜在意識」を改め正さない限り、人生に迷い「心の病」に苦しみ続けることになるからです。

 

数分の問診やただ悩みを聞き癒すだけのカウンセリングではなく、心の病を生み出す「原因」と「因果関係」の一つ一つに時間を重ね、これまでの自分と向き合って頂き、あなたの現状に適ったお話で「心の姿勢」を改めていきます。

当院の療法で卒業された方々の声

  • 漢方、鍼灸、占い、遠隔治療、催眠療法、スピリチュアル系を受けても?・・

  • 軽い気持ちで薬に頼り薬が増え、健康を望んだはずが朝,昼,夕,就寝と数年それ以上多種の薬物治療となっていた。

  • ​終わりの見えない薬漬けに将来への不安を抱きつつも、心療内科やクリニックを転々とし 薬を処方され、精神科医療に対する疑問でいっぱいだった。

  • ​こちらの療法に早く決断すればよかったと悔やんでいます。 等々多くの声が寄せられています。

長期 向,抗精神薬服用で脳が委縮し、理性を失い人格が変わってしまったかの現状を目の当たりにしてきました。 ​体験談をご覧ください。