院長コメント

精神医薬は人生を狂わす

心の病も薬で治すものとの固定観念が居座っては?

「心の病は精神医療で診てもらい薬で治すもの」と、朝,昼,夕,就寝,頓服と服用するも改善されず 数年それ以上の長期に渡り精神医薬治療に悩んではいませんか?

 

薬を服み続けても 悩み,不安,緊張等昼夜頭を駆け巡り、恐怖心に襲われ、思考,判断力が朦朧とし心身の調和を崩していませんか?

 

しかし薬物は、西洋医学が専門とする物質である肉体細胞の疾患やガン,菌,ウイルス等に限って効果を為すのです。 

 

細胞とは異なる目に見えない、機器に映らない、メスを入れ解剖分析することも、血液検査等をしても確認できない非物質である 心,思考、思念、潜在意識、精神 が原因する「心の病」も薬を服めば治ると思い込んでは?

ならばなぜ数年それ以上もの年月 薬漬けに苦しまなければならないのか?

逆に悪化の一途で、健康になれる権利を得ている人までもが精神医薬の犠牲になってはいないだろうか?

訴えたいのは 長期多種多錠薬物治療を躍起になってしても、または自力で薬を止めたとしても、休職を繰り返したとしても、心の病を生み出している原因や因果関係が解決されたわけではない。

 

つまり 精神医療薬を服み続けたとしても、昼夜頭を駆け巡る過去の雑念や不安,不眠,緊張,恐怖等が解決されるわけではない。逆に薬害で脳が麻痺し、思考力,判断力,記憶力,意識が朦朧とし自立できない状態になっているのです。
 

また麻薬や覚せい剤より始末が悪いとされる向,抗精神医薬の長期服用で脳が委縮するとされています。

 

「治癒、治療」 とはそうした現実から救い、精神薬物に頼ることのない意義ある人生へと導くことでは・・ 

 

恐ろしいのは健康に生きられる権利を得ているはずの人までもが、向,抗精神医薬の薬漬けで脳が委縮し、理性を失い、人格が変わり、人生の歯車が狂わされ、薬物の犠牲となっていくことです。

 

愛する家族が長期精神薬物治療に苦しんでいても処方どうり服んでいれば大丈夫、と薬依存に苦しむ現実が残念でなりません。​後にその代償なる不幸を呼び込むことになるのですが・・​

精神性心の病とは?

​誤った生い立ちや社会環境で、今日までにその人が綴り上げてきた人生ストーリー(潜在意識)にあるのです。

009.JPG

精神薬漬けに苦しむ家族の方へ

 

薬の副作用や後遺症なる身体症状の疾患の代償に苦しむ本人、その姿に為す術ない家族の現実は少なくありません。

「いつかはきっと」と数年それ以上の長期にわたり精神医薬治療に頼り、悪化の一途で家族の方も薬漬けに心を痛めては?

 

当院では薬を一切使わず 肉体、精神、魂の生態系に同時に働きかける療法で、

精神的心身不調や心の病の原因なる因果関係を改善し、

不安、緊張、恐怖心、精神医薬依存等の障害から解放に向かわせています。

 

​また精神医療薬の副作用や後遺症等で麻痺した脳神経系、朦朧とした意識、思考、判断力、身体機能を回復させています。

 

施療を繰り返すことで 頭のフル稼働が軽減され、徐々に意識が回復し不安,緊張,恐怖心等から解放され、

薬を必要としない「脳、身体、心、精神」を取り戻していきます。

施療行程での離脱症状や禁断症状、錯乱状態に悩まされることのないのが当院の「心の病療法」の特徴です。

二度と心の病に苦しまないために、回復に応じて「心の病と精神と肉体」の関係について

当院独自に綴った「心のお話」の書を用意しご家族同席で学んで頂いております。​

当院の療法と施療方針に同意された方々が、薬に一切頼ることのない生活へと卒業されています。

​あなたも当院の療法で、精神薬と縁のない人生へと運命を変えませんか?

精神薬には頼りたくないと漢方薬や栄養サプリ、アロマ、鍼灸、整体、オーラ療法、催眠療法、遠隔治療、スピリチュアル系等々でも改善されず、「このままで人生を終わりたくない」とお越しになります。

P1030152.JPG

信じられない多種薬物から脱却例

  • ​某大学病院で「統合失調症」と診断され即入院となり、約3カ月で一日12種類32錠もの服薬量で身の周りことすら出来なくなった20代後半女性。

  • 「うつ病」と診断され、8年半もの間に一日12種類48錠もの信じがたい服薬量となり寝たきりになっていた40代前半女性。

  • 一日数種類十数錠の服薬でも快復できず数年苦しむ方。

  • また精神薬を服んでも体調がすぐれず、何年もの間 良いと言われる様々な民間療法を受けても改善されず苦しむ方。

  • 就職し数か月で体調を崩し仕事を辞め以後数年もの間仕事復帰が出来ない方がその苦しみから完全脱却しています

 

そして薬に一切頼ることなく復職、新たな就職、登校復活、家事育児等に完全復帰されている事例は少なくありません。

県外からお越しになっています

県外から通うことが困難なため、当院の近くにワンルームのアパートを借り、週4~5回の集中施療を受け卒業されている方もいらっしゃいます。

 

訪れる方々は数年それ以上の年月、薬漬けから脱却出来ず、家庭内混乱の苦悩や将来を案じ路頭に迷う方がほとんどです。

 

真剣なる説明と施療で 愛する家族の薬漬けの苦しみ,社会復帰困難の日常と薬害から脱却に向けて取り組んでおります。

精神医薬や心の病から真剣に脱出したい、またそれを叶えてあげたいとご家族が当院の施療方針に同意されたなら、あなたの人生が開けていきます。真剣に取り組んで頂きたい。

 

心の病からの卒業は正しい知識と実践の中から見出すもの。​

それは自信に満ち溢れた生活を意味し「将来への夢」という設計が芽生えてくるものです。

当院の理念

精神的身体不調や心の病、精神薬物から完全脱却に向かわせ 復職や新たな就職、家事育児、登校復活等の社会復帰が出来るまでを基本理念としております。

気休めや一時しのぎの療法ではありません。

当院の施療方針と内容にあなたの理性が反発する、または知性を侮辱する、理に適っていないとお考えならどうぞホームページを閉じてください。